周辺観光

戸隠神社

霊山・戸隠山の麗に創建された、
二千余年の歴史を刻む名社・戸隠神社

戸隠神社は古くから修行僧の修練の場として信仰を集め、日本神話「伝説」が語り継がれる由緒正しきお社です。本社である奥社のほか、中社、宝光社、火之御子社、九頭龍社の五社を総称して戸隠神社と呼んでいます。「伝説」に登場する岩戸が飛んできたといわれる戸隠山の麓に点在し、平安時代から神域とされてきた聖地でもあります。
日本屈指のパワースポットとしても有名で、この由緒正しきお社で霊験あらたかなパワーを感じてみてはいかがでしょうか。

戸隠奥社イメージ
中社イメージ

中社(ちゅうしゃ)

当館から徒歩で5分の場所にある中社。
「天岩戸伝説」で天の岩戸を開く方法を考案した天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)が
御祭神。清冽な雰囲気が漂う境内には樹齢700年を超える杉の御神木や、樹齢800年の三本杉がそびえます。狩野派の天才絵師・河鍋暁斎により社殿天井に描かれた「龍の天井絵」や、パワースポットといわれる社殿横に流れる滝など、多くの見所があります。
学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全に御神徳があります。

奥社(おくしゃ)

戸隠山に抱かれるように立つ本社。「天岩戸伝説」で岩戸を渾身の力で開き、現在の戸隠山の位置に放り投げられたと伝わる、天手力雄命が祀られています。その伝説から、開運や心願成就、スポーツ必勝などにご利益を求め、全国各地から参拝客が訪れます。

奥社イメージ
九頭龍社イメージ

九頭龍社(くずりゅうしゃ)

奥社のすぐ隣にある社で、鎮座の年数がわからないほど古くから祀られています。地主の神様、九頭龍大神が御祭神で、五社の中でもっとも古い神様になります。水の神、雨乞いの神、五穀豊穣の神、虫歯の神として篤い信仰を集めています。

火之御子社(ひのみこしゃ)

「天岩戸伝説」で岩戸の前で舞い踊った天細女命を御祭神とし、芸能全般にご利益があるとして信仰を集めています。ほかにも、高皇産霊命(たかみむすびのみこと)、天忍穂耳命(あまのおしほみみのみこと)なども祀られており、縁結び、火伐の神としても知られています。

火之御子社イメージ
宝光社イメージ

宝光社(ほうこうしゃ)

中社の御祭神・天八意志兼命の御子である、天表春命(あまのうわはるのみこと)を祀っています。女性にも参拝しやすいようにと建立されたため、女性や子供を守る神として知られています。精巧な彫刻が施された寺院建築様式の本殿には、神仏習合時代の面影が今も残っています。

戸隠の自然を満喫

戸隠森林植物園イメージ 鏡池イメージ

戸隠森林植物園

奥社参道沿いに広がる自然溢れる植物園で、約71万4100㎡の広さがあります。初夏の水芭蕉など四季折々の高山植物が見られるほか、年間約100種類以上の野鳥も棲息しています。園内には遊歩道が整備され戸隠の豊かな自然が探勝できるスポットです。

当館から車で約5分

鏡 池

戸隠の山々に囲まれた、穏やかな湖面をたたえる戸隠屈指の景勝地。その名前の通り、まるで鏡のような湖面が周囲の山々を映し込み、木々の緑と澄みきった空の青のコントラストは絶景です。

当館から車で約15分

トップに戻る